沿革

2016 平成28年12月 新大阪第3ドイビル(大阪市淀川区)に関西営業所を開設
平成28年10月 株式会社YSGホールディングスの100%出資子会社になる
平成28年10月 建設業向け仕上げ検査支援サービス「LAXSY」を開発、サービス提供を開始
平成28年6月 長堀真己が代表取締役社長を退任し代表取締役会長に就任、市川岳彦が代表取締役社長に就任
2014 平成26年3月 聖路加タワー(中央区明石町)に東京本社を移転
2013 平成25年6月 中尾晴夫が代表取締役社長を退任、長堀真己が代表取締役社長に就任
2012 平成24年3月 建設業向け情報共有ソリューション「CheX」を開発、サービス提供を開始
2011 平成23年11月 資本金を99,000,000円に増資
2010 平成22年8月 中国浙江省杭州市に横浜石油グループ現地法人「益世信息技術(杭州)有限公司」を設立
平成22年1月 株式会社YSLソリューション東北を吸収合併、東北事業所を開設
2008 平成20年5月 宮城県仙台市に株式会社YSLソリューション東北を設立、
仙台のソフトウェア会社より事業を譲り受け営業を開始
2005 平成17年4月 金杉誠が代表取締役社長を退任、中尾晴夫が代表取締役社長に就任
株式会社YSLソリューションに社名変更
2003 平成15年7月 赤坂ツインタワービル(港区赤坂)に東京事業所を移転、東京本社とする
2002 平成14年4月 代官山ヒルサイドテラス(渋谷区猿楽町)に東京事業所を移転
2000 平成12年4月 Java技術を用いて、自動車部品ネット通販e-stand及びオフィスオークションを開発、各々サイトを公開しインターネット事業を開始
1998 平成10年2月 資本金を50,000,000円に増資
1996 平成8年11月 アーバン新橋ビル(港区新橋)に東京事業所を開設
株式会社横浜システムラボラトリーに社名変更
平成8年4月 サッカー指導者向け「ブラジル体操」ソフトを開発、販売を開始
1994 平成6年4月 ソフトウェア会社より公共系システムの営業権譲渡を受け社員を増強
1993 平成5年8月 YS関内ビル(横浜市中区長者町)に本社を移転
1991 平成3年7月 横浜石油グループのコンピュータソフトウェア関連事業として、株式会社ワイエスラボラトリー(現 株式会社YSLソリューション)を設立
金杉誠が代表取締役社長に就任、資本金30,000,000円、かながわサイエンスパーク(川崎市高津区)に本社を置く